カテゴリー
インプラント

インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですの

インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントの耐久年数は生涯もつと言われることが多いんですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されるといわれています。
口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くワケにはいきません。
せっかく埋め込んだインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
インプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。それから、美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯づくりをさします。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラントもすぐに劣化してしまいます。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予め防ぐ為に、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。
しかし、インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。外科手術をうけたワケですから、インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
費用がかかるだけに、インプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。インプラント治療のやり直しも必要になります。
インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうかしる必要があります。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除をうけたい場合、歯科医を利用したときに必ず貰う領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて他の医療費と共に、1年分をもれなく保管してください。歯科医でインプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラントの耐久性が気になります。
実際のところ現状では確実な説はありません。日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。
沿うだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムを幾ら噛んでも取れな幾らい強いものでもあります。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。他の歯科治療と、インプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミ(いい評判も広がりやすいですが、悪い評判はより一層広がりやすいものです)を集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
この治療のメインとなるインプラント治療はさまざまな事情から、他の治療がうけられない患者さんにおすすめします。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手く噛めないなどでインプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。
保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。
また、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。
費用や手間の面から考えても、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすのが無難です。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)はしばらくの間は控えましょう。
血行が促進され、出血がつづくおそれもあるためです。
運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。インプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
さらに、インプラント周囲炎を疑ってください。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を捜すことです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでさまざまな症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。人工歯としてのインプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればおもったより長く使えます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です