水素ABC

一番小さなモノが教えてくれること

妊活

妊活の時に、産み分けについてママ友から教えてもらい、

投稿日:

妊活の時に、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細をしりました。
長男を出産した後でしたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。
排卵日の特定や時期の調節など、あくまであなたの可能な範囲でですが、産み分け法を実践しました。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明するまで期待と不安でドキドキしていました。
結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への摂取が勧められているんですよね。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。
厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。
とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんも少なくはないと思いますよね。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸は肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られていますよね。
なので、普段のご飯でもある程度は摂取できるのです。
いまの不妊状態から脱出するのに、普段の食生活の見直しも大切だと思いますよね。
卵子は持ちろん精子だって、親の体内でつくられるのですから、食生活が良くないのを放置していると、活発な卵子・精子は期待しにくいでしょう。妊娠を望むなら、まずは体作りです。
健康的な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。
妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用(効果が強ければ強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)が出てきます。寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。
神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。葉酸の過剰な摂取は副作用(効果が強ければ強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)につながりますので、気をつけましょう。理想としては、1日3食のご飯で葉酸を十分に摂取する事です。
しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。おススメなのは、葉酸サプリの活用です。サプリであれば、一日の摂取量が管理しやすい為、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には是非試してもらいたいですね。
いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますよねが、半年前までは不妊治療で通院していました。
赤ちゃんがほしいと思い始めてから2年。健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、授かることができず、ユウジン知人が妊娠したという話をきくたびに、やりきれない気分でした。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の処方をうけると、早々に妊娠が発覚しました。
ストレスも原因だったのかなと思いますよね。
早めに受診するべきでしたね。私が知る限り、妊活の際に一番、意識してほしい事と言えば、やはりご飯の内容です。
日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はいつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんがゲンキに成長できるように備えておきましょう。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。
妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から妊娠はすでに始まっているのですから、早い段階で十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児におもったよりママにおもったより適切な妊活だと言えますね。
妊娠してから栄養指導をうけたり、地域が主催する、母親学級をうけに行った方は多いと思いますよね。
多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思いますよね。
葉酸をふくむ食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、摂取するようにしましょう。
適切な葉酸の摂取の結果、胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少する事が明らかになりました。
そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけていますよね。
実際に補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。
また種類によっては特定保健用食品として、赤ちゃんのために、妊婦が摂取していたらいった話もよく耳にします。
妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に積極的な葉酸の摂取が求められていますよね。胎内でゲンキな赤ちゃんを健やかに育てるために、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、日々の生活に葉酸を取り入れることをお薦めします。
ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。厚生労働省の発表によりますと1日0.4mgをきちんと摂取する事が求められていますよねね。
野菜のみで十分に摂取できるかというと、あまり現実的ではありません。
ですから葉酸サプリで補給するのが良いと思いますよね。
葉酸とは野菜などにふくまれているビタミンBのひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されていますよね。
葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますよねので、葉酸サプリで摂取するのも良い選択だと思いますよね。
葉酸は食品の中にふくまれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が多いと思いますよね。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不足している、という場合もあります。
皆様ご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。
この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますよねが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。
ですから、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。
総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとってどんな栄養素が必要であるのか分からないという方が殆どだと思いますよね。簡単な判別方法としては、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリを選んでみましょう。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。妊娠した後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸は胎児の正常な発達に働聞かけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという話があります。
とはいえ、毎日沢山の野菜を摂取するのは大変ですよね。
そんな時には他の食材で補っても構いません。たとえば納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをおススメします。
熱によって失われやすい葉酸は、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意点がありますので、葉酸をご飯から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ちょうだい。葉酸を可能なだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱が必要な食材やメニューの場合、長時間の加熱は避けて、サッと熱をとおす程度にした方が良いです。
こうした調理やご飯が負担だと考える方は、葉酸サプリで摂取するのが一番簡単だと言えますね。
亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えていますよね。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてちょうだい。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。
また、亜鉛の効果は女性に限らず、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してちょうだい。亜鉛は精子の質を高めることをサポートする効果があるのです。妊娠はどちらか一人ではできません。
ゲンキで健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を試してみてちょうだい。

-妊活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

妊活中の彼女に勧めておきました。友達には悲しんで欲しく

妊活中の彼女に勧めておきました。 友達には悲しんで欲しくないですし、ゲンキで健康的な赤ちゃんを授かってほしいと応援しています。 一般的に、妊娠中は当然のこととして、それかつての妊娠を計画している期間に …

no image

妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱

妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。ですから、調理法に注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読下さい。葉酸をできるだけ失わないよう、 …

no image

皆さんご存知のように、葉酸はオナカの中の赤ちゃんが健やかに成長す

皆さんご存知のように、葉酸はオナカの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切 …

no image

妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が分かって

妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも葉酸の摂取が、厚 …

no image

不妊に効果のある食べ物というと、手近なところでは豆腐・納豆、

不妊に効果のある食べ物というと、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。 それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、意識して摂取し …