水素風呂ランキング!人気の機械式6機種を徹底比較&口コミ。

水素風呂いいね!

水素風呂効果

水素水と水素風呂、どちらを選ぶべきか?それが問題だ。

更新日:

「水素は美容や健康にいいよ!」ということで、テレビなどのマスコミで取り上げられることが、多くなってきましたが、そこでよく紹介されているのが、「水素水」と「水素風呂」です。

水素を身体に取り込むことで得られる効果は、病気の原因になったり身体をサビ(老化)させる悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル等)を無害な水に変えて除去するという点ではどちらを選んでも同じです。

しかし、水素を身体の中に取り込む量が違ってくることがあります。

 

水素製品の説明や他のサイトで、「水素は濃度が大切です!」と謳っていることが多いのですが、実はそれよりも大切なものがあります。

それは体に摂り入れる「水素の量」です。

水素水を選ぶ際は、水素の濃度より水素の量の方がはるかに大切です。

例えば、高濃度を謳っている水素水、「トラストウォーター」は水素濃度が1.20~1.6ppmで容量は200mlですので、0.24~0.32mgの水素を身体に取り込むことができますが、トラストウォーターよりも低濃度の「クリスタル水素水」は水素濃度が0.80~1.2ppmで容量が500mlですので、クリスタル水素水はトラストウォーターよりも多い0.40~0.60mgの水素を摂り込むことができます。

つまり、いくら水素濃度の高い水素水を飲んだとしても、その量が少ないと体に摂り込む水素の量は少ないのです。

 

では、水素水と水素風呂とで水素の量を比較するとどうでしょうか?

水素水で最も多くの水素を摂取できる製品を選べといわれると、おそらく「浸みわたる水素水」で水素濃度1.6ppmで容量が500mlですので、0.8mgの水素を摂り込むことができます。

私が選んだ水素風呂のマルーンは、お湯の量が200リットルのときに水素濃度が約100ppb(0.1ppm)ですので、水素が20.0mg入ったお湯に浸かっていることになります。

しかし、この量がそのまま体内に取り込まれるわけではありませんが、約7分間浸かることで、1.6ppmの水素水を1リットル飲んだのと匹敵する水素を摂取することができます。

つまり、1.6mgの水素を摂取することができます。

もっと長い時間水素風呂に浸かればさらに多くの水素を摂取できます。

水素水は、飲む量に限界が来れば、身体に取り込める水素に上限がありますが、水素風呂は、水素がどんどん体に入ってきますので、極端なことを言えば、長く風呂に浸かれば浸かるほど、際限なく水素を身体に取り込むことができます。
※ただし、水素をいくら多く摂取しても、悪玉活性酸素と結合しなかった水素は、呼気と一緒に体外に排出されてしまいます。

 

どれくらいの量の水素を1日に摂るのが理想なのかは、個人差があると思いますが、身体に取り込む水素の量を調整できる(お風呂に浸かる時間で調整)水素風呂の方が、水素の量に上限のある水素水よりも万人向けになります。

健康維持だけが目的なら、水素水を選んでもいいかもしれませんが、健康維持にプラスして、お肌の調子をよくしたい美容目的でも、生活習慣病などの持病の改善目的でもと、欲張りな人は、断然水素風呂を選ぶべきです。

また、家族が多く、水素に期待する目的が人それぞれな場合も水素風呂が適しています。

さらに、水素風呂はいつもの入浴のついでにできますので、生活習慣に取り入れやすいというメリットもあります。
(お風呂に入る習慣のない人には、もしかして、不向きかもしれませんが......。)

 

私の場合ですが、水素風呂と水素水を併用しています。

冬の寒い時期は、毎日入浴しますし、大量の水素水を飲むのは辛いので、水素風呂に連日浸かり、時々水素水を飲んで、水素を摂り込みます。

夏の暑い時期は、3日に2日はシャワーですし、水分を身体が欲しますので、3日に1度の水素風呂と毎日の水素水で水素を摂り込むという生活スタイルです。

 

【関連記事】
マルーンジュニア(水素風呂)がマルーンを超えた!最安値はどこ?
水素風呂マルーンの賢い買い方
水素水生成器H.Bottleの賢い買い方
※水素水はアルミパウチ製品などを買うよりも水素水生成器や水素水サーバーを購入したほうが安くすみます。

-水素風呂効果

Copyright© 水素風呂いいね! , 2018 All Rights Reserved.